良質な天然水で病気の予防を

良質な天然水で病気の予防を

水にはがんを予防する効果も期待できるというと驚かれる方がほとんどでしょう。

今、日本人の死因のワーストワンはがんですが、年間30万人以上の人ががんで命を落としている現実を考えれば、がん死の量的な減少政策は喫緊の課題とも言えるでしょう。

このがんの大きな原因の一つとして考えられているのが活性酸素の害です。

活性酸素は細胞を傷つける恐れもあるのです。

困ったことに現代社会はこの活性酸素のリスクにあふれているといっても過言ではなく、例えば食品添加物や農薬、といった化学物質や、タバコ、紫外線なども活性酸素を発生させるといわれています。

水道水に含まれるトリハロメタンは水道水を塩素消毒することによって発生する発がん物質ですが、これも活性酸素の発生と密接な関係があるとされています。

また、最近心配されているものに電磁波があります。

パソコンや、スマートフォン、液晶テレビ、金融機関のATMなど電子部品を使った機械類からは大量の電磁波が放出されています。

こうしたやっかいな活性酸素や電磁波を中和したり、害を弱める作用がある水があるのです。

活性酸素によって傷つけられた細胞を修復する効果があるとされているのです。

これは人間の細胞の生まれ変わりを促進する働きを持つ水です。

水自体に人間の免疫力アップや新陳代謝を促進する効果があるのです。

それは水に人工的な手を加えすぎていない自然のままに近い天然水、加熱殺菌をしていないひかねるのフィルター除菌程度の処理しかしていない水です。

弱アルカリ性のイオン水であればさらに理想的です。

がんだけでなく、ちょっとしたかぜをひいたときにも良質な天然水で水分補給することで免疫力をアップさせて、早く回復に向かわせることもできます。

かぜやインフルエンザウイルスは乾燥した場所で活発に活動し、湿度の高い場所では活動が鈍ります。

かぜやインフルエンザの予防に加湿器を使うことを進める医師が多いのはこうした事情によるものです。

かぜをはじめとする病気は体の免疫力が衰えた時に起こる症状ですから、良質な天然水を飲んで水分補給することで免疫力の回復を図ることは理にかなっているというわけです。

カテゴリー:水と健康